2006年03月07日

神聖なるウナギ

unagi_logo2.jpg
以下、前掲『ウナギのふしぎ』より引用

(……)タラゴナの北150キロほどのところに、ギリシア人が植民地を築いていたのだが、そのギリシア人こそ、ウナギをこよなく愛したことで知られているのだ。紀元前4世紀のはじめに活躍したギリシアの喜劇詩人、ピレタエロスはこう書いている。「死を恐れよ――死んでしまえば、ウナギを食せなくなる」

 古代ギリシアで最高のウナギが捕れたのは、アテナイの北西にあたるボイオティア地方のコパイス湖である。この湖は、今から何世紀も前に水路がつくられて水が抜かれてしまったが、ギリシア時代にはボイオティア北部の広い範囲を覆い、そこに川が注いでいた。ボイオティア人は、ギリシア喜劇のなかでとかくアテナイ人と対照的な存在として扱われる。アテナイ人が、理性を重んじる洗練された人間とされるのに対し、ボイオティア人は無学で欲張りな野蛮人として描かれるのだ。それでも、アテナイ人がボイオティア人に喜んで金を、しかも法外なほどの金を出すものがひとつあった。コパイス湖のウナギである。なにしろ、アリストパネスの喜劇『女の平和』で主人公の女性が、ボイオティアもその住民もすべて滅びてしまえと願ったあとで、こうつけ加えているのだ。「ウナギ以外は」

 こんなギリシア人も、ウナギを敬う気持ちにかけてはエジプト人にかなわない。エジプト人はウナギをある種の神とみなしていたのである。紀元前5世紀なかばのギリシアの歴史家ヘロドトスは、ナイル川ではウナギが神聖なものとされていると記している。『三銃士』を書いたアレクサンドル・デュマは、フランス食文化の歴史に造詣が深いことでも知られるが、その著書『デュマの大料理事典』によると、エジプトにはウナギを神として礼拝するグループがあった。信者はウナギを池に住まわせ、毎日チーズと動物の臓物を食べさせていたという。

 ギリシアの喜劇作家アンティパネスは紀元前350年頃、ギリシア人はギリシア人なりのやり方で、崇めたてまつるより大きな敬意をウナギに払っていると指摘している。「エジプト人がウナギを神々に比したことを、彼らの賢明さとみる向きもある。だが、わがほうではウナギが神々よりも尊ばれ、はるかに重きをなしている。神々であれば、二言三言祈りをつぶやけば機嫌をとることができよう。ところがアテナイでは、ウナギのにおいをかぐためだけにでも銀貨一二枚は支払わねばならないのだ!」
(続く)
posted by unagi at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) | ウナギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。