2007年03月15日

東京都知事選・6

francais.jpg 「フランス語は数を勘定できない言葉だから、国際語として失格している」という発言は、石原慎太郎の数ある暴言のひつとして記憶されている方も多いだろう。私が書きたいのは、これが単なる無意味な放言ではなく、都立大学の仏文科をぶっつぶすための根拠としてなされた発言だということである。

 石原は他にも、「首都大学東京の改革に反対している先生の多くは語学の先生だった。調べてみたら、8〜9人かな、10人近いフランス語の先生がいるんだけど、フランス語を受講している学生が1人もいなかった」「先進国の東京の首都大学で語学に対する学生たちの需要というのも、フランス語に関しては皆無に近い」などと発言している(もちろんデタラメである)。

 「数を勘定できない」というのは、フランス語の数の数え方に二十進法が混ざっていることを指しているらしい。簡単に説明すると、例えば「91」だったら「4×20+11」と表すといった、そういうことである。これは、両手両足を使って数を数えたケルト語のなごりであって、少々複雑だが、もちろん数が勘定できないわけではない。

 当然、この発言は、多くのフランス人やフランス語教師たちを激怒させ、ここでも多くの抗議声明が出された。明治大学のフランス語教員たちは、抗議書にフランス語学習セットを添えて石原に手渡した。そこには、「毎日コツコツ勉強すれば、数は勘定できるようになります」と書かれていた。

 その後、発言によって社会的名誉を傷つけられ、あるいは営業妨害を受けたとして、フランス語学校長らが石原に謝罪と発言撤回を求めて訴訟を起こした。裁判マニアの私は、長らくこのフランス語裁判に興味を持って注視してきたが、先月より民事から国賠訴訟へ切り替えられたようである(石原が最近になって、あれは個人的な発言ではなく公務上の発言だったと言い出したから)。しかし彼はいったい、賠償金を都民の税金から払わせるつもりなのだろうか?

 私は大学で、フランス語ではなくイタリア語を専攻したので、フランス語がいかに鼻持ちならない言語であるかを知っている(私はフランスという国と文化にあまり思い入れがない)。しかし石原の発言は、全くそんなこと以前の問題だ。いわゆる「ババア発言」や「三国人発言」と同レベルの、およそナンセンスとしか言いようのない戯言にすぎない。

 最後に、とても役に立つフランス語のフレーズをひとつ。

 "Ishihara, démission!"(石原辞めろ!)

 これを毎日言い続けることが必要だ。

posted by unagi at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 都知事選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。