2007年04月11日

東京都知事選・18

ishihara_shintaro.jpg 当選後、さっそく傲慢モード全開に戻った石原慎太郎が、「神戸の地震で(自衛隊に派遣要請する)首長の判断が遅れて2000人が死んだ」と発言した。これに対して兵庫県知事らが猛反発し、「全く根拠のない発言」などと抗議している。

 だが考えてみれば、ベルクソン発言にしても、ババア発言にしても、かつて石原の発言に何か根拠があったことなど、一度だってない。はっきり言って、すべてが捏造である。しかしそれでも、「2000人が」とか、「ベルクソンが」とか、「何々教授が」とかヌケヌケと言われると、一瞬、根拠があるのかと誰もが思ってしまう。稀代のペテン師たるゆえんである。

 石原はまた同時に、「情報公開は難しい」「職員のプライバシーにも関わってくる」などとふざけた発言をし、警察の捜査報償費の公開についても、「おかげで警察の捜査は非常に難航するようになった」「この種の情報開示は間違ってるし、するつもりはない」と述べた。報償費が、現場の捜査に全く使われずに、巨大な裏金となっていることは多くの証言からも明らかであるのに、このようなデタラメを信じている都民は数多くいる。

 ともあれ、石原の悪政について、まだまだ書き残したことは多い。しかしもう紙幅がなくなってきたので、書こうと思っていた項目のメモだけを備忘のために記しておく。(次回完結)

・トーキョーワンダーサイト事業と「能オペラ」
・ヘブンアーティスト制度(大道芸人のライセンス化)
・文化予算の削減(東京都交響楽団問題→楽団員の有期雇用化、評価制度の導入)
・新宿2丁目への弾圧、(刑法の前田雅英による)エロ漫画規制
・知事交際費と豪遊(ガラパゴス旅行)
・民主党都連の(石原側近)極右偏向都議
・危険きわまりない「三宅島オートレース」
・「築地」移転問題
・「お台場カジノ構想」はどこへ?
・外型標準課税の失敗と「新銀行東京」の累積赤字
・オリンピックとファシズム
・藤原紀香と中村勘三郎が石原を支持した件
・焼酎「森伊蔵」
・『太陽の季節』を読む
posted by unagi at 06:15| Comment(5) | TrackBack(0) | 都知事選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。