2007年07月03日

BBQ禁止条例

bbq.jpg 鴨川河川敷でのバーベキュー(および打ち上げ花火)を、5万円以下の罰則付きで禁じる「鴨川条例案」が、京都府議会において全会一致で可決された。京大構内はいうまでもなく、全世界におけるバーベキュー闘争の波及を目指すユニオン・エクスタシーとしては、今回の不当な決議に対して強い抗議の意を表明するものである。また、鴨川条例検討委員会の座長を務めているのは、京都大学文学部教授である金田章裕(地理学)であり、金田の責任を徹底追及するためにも、今後、文学部(および地理学教室)に対するバーベキュー闘争を活発化させねばならない。

 条例案を詳しく見てみると、放置自転車や落書の禁止、さらに最近「納涼床」に洋風のものが増えていることから、その高さとデザインを和風に統一しようとする内容である。注目されていた「ホームレスの排除」については、議事録を読む限りでは、石田隆一委員(京都商工会議所、株式会社イシダ社長)ひとりが執拗に主張している以外は、おおむねスルーされているようで、これは妥当な結果であろう。しかし少なくとも、このような反動的な条例案を「全会一致」で可決してしまう府議会は、もはや議会としての体をなしていない、と言っておこう。
posted by unagi at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。