2005年12月13日

ウーララへ行く

top_01.jpg
 日曜日はひさしぶりの休みだったので、夕方から北大路へ不良中年アーティスト(仮にMーキーと呼んでおく)の個展を見に行き、またその足で、西大路の「ウーララ」へ不良中年ミュージシャンのライブを聴きに行った。不良中年ミュージシャンはピンクのズボンをはいていた。客席の後ろのほうでは「あのピンクはねえ…」などと賛否両論ささやかれていたが、ギターさえ上手ければそんなことはどうでもいい。いやむしろ、ズボンはピンクに限る。
 不良中年ミュージシャン(仮にHデヨヴィッチU杉さんと呼んでおく)の後は「ピカリンス」が出演した。実は初めて聴いたのだが、これがまことに良かった。京都では有名な女性3人組のバンドだが、これまで聴く機会を何度も逸していたことを後悔した。そもそも私は「Phew」とか「少年ナイフ」とか、歌の下手くそなお姉さんたちのバンドが大好きなのである。で、即座に「ピカリンス」の大ファンになってしまったのである。以上。
【関連する記事】
posted by unagi at 02:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ライブは良いね。
音楽ってのはアーティストの生き方、考え方そのものなんじゃないかって思うくらい。
また機会があったら観に行きたいもんだわ
Posted by まつお at 2005年12月13日 20:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。