2006年01月06日

曽我梅菊念力弦

asakusa.jpg
 正月なので3日間だけ東京へ行った。むかしは毎月必ず、東京へ歌舞伎を見るために出かけたものだが、最近は舞台を見るより江戸時代の台本や評判記を読むほうが楽しいので、毎月は行かない。今回も通例どおりお金のかからない手段での往復。
 洋行帰りの旧友と5年ぶりに浅草で会った。独文出身のくせに今はパリ大学で哲学を専攻しているらしい。いつものように場外馬券場横の「三ちゃん」で昼間から飲んだくれ、ついでに浅草寺へお参りに行った。初詣客のすさまじい雑踏に揉まれながら、頭上を飛んでくるお賽銭や落ちている小銭を一生懸命に拾った。おみくじを引いたら「末吉」と出た。あとはよく覚えていないが「蛇骨湯」に入ったり、山谷で焚き火にあたったりしたような気がする。
 翌日は歌舞伎座に藤十郎の襲名を見に行く。こってりした「先代萩」を堪能。さらに翌日(つまり昨日だ)、国立劇場で「曽我梅菊念力弦」を見る。ちなみに「そがきょうだいおもいのはりゆみ」と読む。鶴屋南北作の復活狂言で、例によって筋がとんでもなくマニエリスティック。しかし台本の面白さに比べたら芝居は退屈。(冒頭、梶原源太景季が零落して女郎屋の客引きをしている、という設定のバカバカしさ!!)
 ともあれ南座の顔見世から2ヶ月続けて芝雀丈を見られたことに満足しつつ、ひさしぶりに渋谷へ出た。ハチ公にお参りしてから、シアターコクーンで野田秀樹が「贋作・罪と罰」をやっていたので、フラっと立見席を買う。見終わって、時代が変わったのにここだけは何も変わっていない、という不思議な違和感だけが残った。
posted by unagi at 23:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぜいたくなお正月だなあ。伽羅先代萩は先日NHKでやっておりました。しっかり子供(千代?)は泣いていました。
 遊眠社は、駒場小劇場のころから集会のついでに通っていて(伊藤蘭!)、本多劇場にいってからは遠ざかった。関西に1984年に進出してから交通費なしで見られるようになった。三代目りちゃーどや、贋作桜の森の..のころは連れとのデート。ただし、チケットは入手が難しくなっていた。JR東海が支援していたからそのころは、比較的安価だった。
 いまのNODA・MAPは高価で手が届きません。罪と罰は「ええじゃないか」がでてきたり、竜馬がでてきたりとまあ、いつものように意訳していると聞き及びますが、金貸しの老婆はどんな感じ?
Posted by at 2006年01月09日 08:17
はにゃあん♪
ニセましゃたんも東京へいきましたにゃん♪
物欲全開モードなのですにゃん♪
にゃんにゃん♪
Posted by ましゃたん(ニセ) at 2006年01月10日 17:53
 NODA・MAPは今は9000円位しますが、コクーンの立見だと2000円なのです。ちなみにラスコーリニコフは松たか子(ただし倒幕派の女剣士の役)、老婆は野田本人でした。彼も年なのか、昔ほど飛んだり跳ねたりしなくなりましたね。去年、新国立劇場で見た「透明人間の蒸気」の再演は、主演の宮沢りえちゃんが素晴らしくて印象に残ってますね。まあ、松たか子も良かったけど。(関係ないけど、私は佐幕派なので、あんまり竜馬とか共感を抱かないんですよね…。)
 偽ましゃたんさん、東京ではすれ違いで残念でした。そろそろ京都へ帰ってきたらどうですか?
Posted by unagi at 2006年01月10日 23:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。