2009年03月07日

ストライキ続行中

ご存知の方も多いかと思いますが、京大で無期限ストライキ「首切り職員村」やってます。今日で13日目です。詳しい経緯は説明すると長くなるので、ユニオンエクスタシーのブログを読んでください。明日は夕方4時30分から、時計台前でイベントをやります。たぶんこれまででいちばん面白いものになると思いますので、ぜひ来てください。来ないと後悔するかも!

<以下、呼びかけ文から抜粋>

さて、わたしは明日夕方四時半から京大正門前の首切り職員村テントで映画の上映と喋り場を企画しています。わたしは先月ベーシックインカム施行を待たずに先日自殺した引きこもり不登校仲間の葬式に参列しました。クリスチャンですから、葬式ではなく天に召された昇天記念式として百人集まりました。死から構想された生。あなたやわたしや隣人たちの生はいま疎外されていないだろうか?もうこれ以上仲間の葬式に出たくはありません。失業の不安に怯え鬱病を抱えながら感情肉体労働が搾取されているケアワーカーや、短期就労と失業を往復せざるを得ない労働市場から予め排除された引きこもり含む非正規労働者や生活保護を申請したばかりの若い女性が中心で何かをしたいと思ってます。ほんとうに苦境にあり抑圧されている人ほどかくもその声はかき消され表にならない。弱い者がさらに弱い者を叩く。それはなぜ?いつか誰かではなく、「いまここで歌え」。この企画はいまのところわたしひとり(笑)。でもすでに遠方からも支援者たちが来るということです。来て下さいね!ジンやビラなど情報交換歓迎です。(吉岡さん)

(…前略…)いまエクスタシーテントのコタツの磁場を使って、企画を考えている仲間もいます。勝手連が動き始めました。「最初は対大学当局だったのに、やり始めたらあまりにも広過ぎる問題だと、労組発足から僕らは無知だったと思い知った」といったストライキ当事者のOさん。 切られる非常勤の85%が女性であり、これは介護労働問題にもつながっていく女性の労働問題。また介護労働をはじめ女性が主たる業務の担い手である現場の女たちがなぜ立ち上がりにくいのか、それを語る必要もあるでしょう。 エクスタシーは『脱自』という意味だそうです。ケアワーカーも今は『脱自』の時期ではないかと、ケアワーカーである私は思い、ユニオンエクスタシーのストライキから感化されたことがたくさんあります。何よりも支援にきているメンバーがみな苦しい状況の中、真剣に生きているその事がとても心打たれました。お互いに風呂なしアパートに住む仲間たちが貧しい中、生きのびるために励ましあい情報交換しあって、鍋をつついているんです。 ちなみにストライキに参加したある友人が言った「『大学』という自治的機能は、一般社会からあらゆる抵抗的試みが赦されているので、声も上げられない大半の非正規労働者たちの、注目を喚起することでしょう」という言葉にも「う〜〜む」と唸りました。 8日(日)夕方暗くなるころから映画上映や、コタツでの鍋&喋り場など企画が検討されつつあります。京都周辺の方はぜひとも、8日日曜日夕方16時半に結集してユニオンエクスタシーテントで弾けてください!(京都大学正門前にテントはあります) (白崎朝子さん@東京)
posted by unagi at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115285931
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。