2006年01月12日

味道探求の名著

fubutushi.jpg
 連休、松竹座へ歌舞伎を見に行った。メインは仁左衛門・玉三郎の「十六夜清心」。悪かろうはずもないが、大阪の地ですっきりとした江戸前の芝居をいまだ正月気分で楽しむ。で、帰りはいつものように千日前の古本屋(天地書房)に寄ったのだが、ここで思いがけない本を見つけた。川口昇『味道探求名著選集 第6巻・うなぎ風物誌』(東京書房社、1980年)である。著者は日本橋の鰻屋で生まれ育ったということで、ウナギに対する薀蓄と愛にあふれた好著である。
 これをつらつら眺めていると、なかなか面白いことが書いてある。私が生まれ育ったのは深川の砂町の近くで、芝居でいうなら「東海道四谷怪談」に出てくる隠亡堀のあたりであるが、そばに小名木川(おなぎがわ)という川が流れている。私はかねてからこれは「うなぎ川」が転訛したものではないかと考えていたが、傍証が得られなかった。ところがこの本によると、1679年の延宝図に「鰻沢」とはっきり記載されているそうだ。
 周知のように、「四谷怪談」隠亡堀の場には、鰻掻きを生業とする直助権兵衛という人物が出てくるのだが、この場面に「首がとんでも動いてみせるわ」という伊右衛門の有名な台詞がある。この台詞自体は南北の原作にはなく大阪の上演本「いろは仮名四谷怪談」からの借用であるが、「首がとんでも動く」というのはウナギからの連想ではないか(!)と著者は言う。実際、ウナギは頭を切り落としてもしばらくはピクピク動いているらしい。直接見たことはないのだが、むかし見たフォルカー・シュレンドルフ監督の「ブリキの太鼓」という映画の中に、そういうグロテスクなシーンがあったように記憶している。
 さらに、芝居に出てくるウナギといえば、岡本綺堂に「城山の月」という作品があるそうである。これは二代目市川左団次のために書き下ろされたものだが(大正11年、明治座で初演)、左団次演じるのが大のウナギ好きの西郷隆盛、という設定である。序幕は鹿児島六日町の鰻屋の店先。本書から引用しよう。
 「この場は戦にやぶれた西郷一党が鹿児島落ちしていよいよこの町に帰ってくるというので、日頃からひいきになっていた鰻屋一家が、ありったけの鰻を焼いて一行に食べさせたいと、調理場では間に合わぬのでまな板や庖丁を店の外へ持出して鰻を割こうとする。出前持ちが鰻ざるを抱えて出てきたとたん、小銃の音に思はず持っている笊を取落とし舞台に鰻が散乱、それを拾いあつめるというそれまでの緊張をほごす幕切れで、鰻を舞台で大胆に技巧的に使っていることではめずらしい場面である。」
 なんともワクワクする場面ではないか。ぜひ見てみたいものである。
posted by unagi at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ウナギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11593628
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。