2007年07月01日

東京日記/6月

takamine.jpg 6月17・18日にヒッチハイクで東京へ行ったのだが、つい書きそびれてしまったので、遅まきながら備忘のために記しておく。

 6月17日 朝、ヒッチで到着後、渋谷のシアターコクーンで「三人吉三」立ち見。勘三郎(和尚吉三)×福助(お嬢吉三)×橋之助(お坊吉三)。初演を見逃したので楽しみにしていた。椎名林檎の曲を使っていることで話題になっているが、いつもの串田和美演出のノリで、それほど奇矯なことはしていない。

 終了後、すぐ近くの UPLINK FACTORY に「マチブイ★ローリングストーン〜高嶺剛作品特別上映会」を見に行く。「私的撮夢幻琉球J・M」(ジョナス・メカスが沖縄に来たときのドキュメンタリー)と「ウンタマギルー」(なつかしい!)の2本。上映後に高嶺剛×戸川純×四方田犬彦のトークショーがある。戸川純は「ウンタマギルー」で、ギルーの妹チルーというシャーマンっぽい役で出てくるのだが、この人の台詞回しと演技は最高。あと、故・照屋林助のワタブーショーが楽しい。高等弁務官の役は最初、ジョン・セイルズではなくデニス・ホッパーに打診したとか、いろいろと面白い話が聞けた。

 6月18日 歌舞伎座で「妹背山婦女庭訓〜吉野川」幕見。藤十郎(定高)は良かったが、幸四郎(大判事)がダメダメで盛り上がらず。その後、新橋で、今度取り壊されることになった黒川紀章の「中銀カプセルタワー」見学。いろいろ用事を済ませて再び歌舞伎座へ。芝雀を目当てに、最後の「船弁慶」だけ見る。真女形の芝雀が、めったにやらない立役(義経)を勤めているのに大興奮。よく考えたら、男が男の役をやっているだけなのだが、あいだに「男→女→男」というめくるめくジェンダー越境があって、これぞ究極のエロス!
posted by unagi at 02:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 照屋林助照屋 林助(てるや りんすけ、1929年4月4日 - 2005年3月10日)は、音楽家、漫談家。戦後の沖縄県の娯楽・芸能をリードした、沖縄ポップカルチャーの第一人者。「テルリン」の愛称で親しま..
Weblog: 美ら沖縄
Tracked: 2007-09-29 16:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。