2008年01月15日

三人吉三の物語

7_06.gif
 招待券を手に入れたので、ひさしぶりに南座へ出かける。(先月は金がなくて顔見世に行けなかった。)

 前進座の「三人吉三」。残念ながら土佐衛門伝吉(小佐川源次郎)以外にあまり見るところのない舞台だったが、それでもやはりこの芝居は何度見ても面白い。

 ストーリーは、お嬢吉三/お坊吉三/お尚吉三という3人の盗賊が、ひたすら強盗や殺人を繰り返し、運命の糸に絡めとられて破滅していく物語。こういう芝居を初春に見ると、ことし一年もがんばって悪いことをしよう、というすがすがしい気持ちになってくる。

 悪の輝き。悪 アズ ナンバーワン。

 そういえば先日、イギリスで、生き別れになった双子の男女が、お互い知らずに愛し合って結婚していた、というニュースが話題になった。2人は「双子とは知らなかった。お互いに避けがたい魅力を感じた」と話したとか。

 「三人吉三」に、まったく同じ話がある。生き別れになった十三郎とおとせの2人もまた実は双子の兄妹だったのだが、こちらの2人のほうは、兄・お尚吉三の手によって首を斬られて殺されてしまうのだ。理由は「畜生道に落ちた」から。

 おそろしい話だが、その点、現代においては、裁判所に「婚姻無効」を言い渡されるだけで済むのだから、実に安心だ。
posted by unagi at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。