2008年05月20日

長居大輪まつり

nagai_dairin.jpg 日曜日は、大阪の「長居公園大輪まつり」に行ってきた。これは、長居公園テント村に集う多くの人たちが、5年にわたって作り上げてきたお祭りだ。ジェロニモレーベルのライブ、ファッションショー(※写真)、P8(貧困者末端会議)、運動会、ナベガンチによる総踊り、どれも楽しかった。

 周知のように、長居のテント村は、昨年2月5日の行政代執行によって完全に撤去されてしまったのだが、そのときの映像は今もYouTubeで見ることができる。

長居公園行政代執行;芝居による抵抗 その2
http://jp.youtube.com/watch?v=h8AqNM2siJs

長居公園強制代執行;緊迫のなか、当事者・支援者からの訴
http://jp.youtube.com/watch?v=P-r3kfGQ068

 私はこの「芝居による抵抗」を見ると、かつて戦火のサラエヴォで、批評家のスーザン・ソンタグが「ゴドーを待ちながら」を上演したという挿話をいつも思い出す。長居での芝居について、「ここは日本で唯一、演劇を必要としている場だ」と、ある演劇評論家が語ったそうだが、演ずるということが真に「力」を持つというのは、実に稀有のことではないだろうか?

 そして今回あらためて思ったのは、これがいわば「劇中劇」である、ということだ。例えば「ハムレット」がそうであったように、ホームレスの住人、支援者、市職員、そしてマスコミ関係者という何百人もの人たちが演じる壮大な「劇」のただ中に、入れ子状になってもうひとつの小さな「劇」が繰り広げられている。空虚で滑稽な権力のパフォーマンスのさ中で行われた、ささやかな抵抗。これは実に、不思議な光景だ。

*****************************************************************
(追記)明日、京大で面白い講演会が開かれるそうです。

大学を遊び場(コモンズ)に −遊び場を作るための論理−

講師 崎山政毅 (立命館文学部教授 ラテンアメリカ近現代史)
日時 5月21日(水)19時より
場所 法経5番教室
主催 農学部学生自治会(無料)
*****************************************************************
posted by unagi at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。